双極性ポップ君-u2ブログ

再発も発症も減らすコミュニティづくり

HELLO

あなたに見てほしい5つのこと
f:id:dagurasumaikeru9:20190925141726p:plain">

f:id:dagurasumaikeru9:20190925142005p:plain f:id:dagurasumaikeru9:20190925142120p:plain f:id:dagurasumaikeru9:20190925141711p:plain

f:id:dagurasumaikeru9:20190925144456p:plain

【私の背中を押した】愛すべき本

           

 私がこころから愛すべき背中を押された本の紹介します

 

 

なぜこの本を紹介したいか?
 
私は、この作品を読んでみて正直に思ったこと
「この本に早く出会えてよかった」
これが率直な意見でした。
 
その後の決断に踏み込んだきっかけの本であり
私の場合は退職ではなく
休職という形で心の療養をすることになりました

詳しいことはこちらをご覧ください。 


 他に紹介したい理由として

あげるとしたら以下のことですかね。

  1. 私が実際に読んで涙がでたから
  2. 悩んでるなら読んでほしいから
  3. 別の考えを持つきっかけになったから
  4. あなたの仕事の替えはいてもあなたは世界で1人しかいないから
  5. あなたが会社を休んだり、退職しても社会は回ってるのだから
休職・退職が考えられない人

ハッキリ言いますが、休職も退職もできない人は

世の中ごまんといるでしょう

私もその中の1人でした

特に

心がすり減ると冷静な判断はできません

 これは、実際におかしいと自分では思わないからです

私もおかしいと思いませんでしたし

自分で自分を否定することが多かったのを覚えてます。

今、思い返すとおかしいかなと思いますけど。

自分で自分を嫌いにならないためにも

 

 

私が一番心に残った言葉

私はこの作品のネタバレをするつもりもありませんが

印象に残ったものがありますので紹介します。

 

「部活は3年だから我慢できるけど、あと40年は耐えられない」

この言葉どう感じますか?

脚注の中で出る人格が放つ一言なんですが

 

私は、衝撃でした

 

f:id:dagurasumaikeru9:20190913095847j:plain

私は、部活一筋でやってきました

その中で、明るく元気な運動部という印象は

会社内では

今も昔も変わりません

(たまたま出会った人がそうなのかも?)

 

どこかで、こいつは悩みないんだろうなと言われます

 

 

 

正直な気持ち

 休職してもいいことない?会社に戻るのが怖い?

こんなこと考えてませんか?

f:id:dagurasumaikeru9:20190610205934j:plain

 

私もそうでした。

でもね

この本読んで行動に出て

会社から、その日即時に退社したときの電車にいるサラリーマンを見たとき

私はこの主人公と全く同じ気持ちになったのを覚えています

 

もちろん退職したあとのサポートはすることはできませんので

この記事読んだからだといわれても困ってしまいます;

 ※一応副業・転職について記事を書いてあるので参考までに

 

 

でも私は人生の中でかけがえのないものを得ることができました

それは、

 

休職してる間に私はブログにも出会いました

SNSにも出会いました

考え方を変えるトレーニングも始めました

生まれた赤ちゃんと長く一緒に入れました

 

っと・・・

普通出来ない体験をしています

 

なので、あくまで参考になればいいなと思います。

実際に私が取り組んだトレーニングを書いています。

※【保健師推奨】


 

その後の人生なんかわからない

明日、急死するかもしれない

それとも休まないで働き続けて

過労で倒れるかもしれない

まとめ

 

結局のところ

私の人生は人と違うと思います

当たり前です

 

ただ私はこの本のおかげで、最後の気づきになりました

それによってですが、今は復職し

逆にふてぶてしく自分の意見を言うようになりました(笑)

 

私は決してナルシストではないですが

自分で自分を否定しないように生きていこうと

思えるほど回復しました

これは、私の経験ですし

 

もちろん読んでいるみんなとは違う人生です

 

でも、危うく命を絶つことを考え続けたあの頃よりは

笑えて生活できるようになったのは間違いないです

 

あなたにもそんな風に笑って自分の人生を過ごしてほしい

 

 

お買い求めはこちらから